【コラム】債務整理その1~債務整理はいかなる場合に必要か~

2013-02-19

これから、このコラムにおいて、不定期に、身近な法律問題に関する
事柄について、お話をしてみたいと思います。
ご興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。
第1回目は、債務整理について少しお話をしてみたいと思います。

債務というのは、簡単に言えば、借金のことです。
いわゆるサラ金業者から借入れたお金、カード会社を通じてクレジットで
商品を購入をした場合、知人からお金を貸してもらった場合など、
一言に借金と言っても、借入先は様々です。
また、借金をする原因も、生活費の補填、ギャンブル、医療費の支払いなど様々です。

債務整理とは、借金を約束通りに全て支払うことが難しくなってきた場合に、
その整理をする手続きです。

債務整理をすべきか否かの判断基準ですが、まずは、1か月ごとに
家計簿をつけてみるとよいと思います。
家計簿には、収入(お金がプラスになること)、支出(お金が出て行くこと)を
漏れなく計上してみましょう。

3か月程度の収入と支出を見てみて、各月とも、支出が収入を大きく上回っているような
状態ですと、債務整理の必要があると言えることが多いと思います。
家計簿をつけることは、無駄な支出を無くすという意味でも、
非常に重要なことです。

このように、月々の収支を把握し、支出が収入を大きく上回る状態が
継続しているような場合には、債務整理をする必要性が高いとお考え下さい。

次回のコラムでは、債務整理の方法について、ご紹介をしたいと思います。

当事務所では、債務整理についてのご相談は、お電話でも承っておりますし、
ご面談でのご相談も時間、回数を問わずに完全に無料としています。
債務整理をする必要を感じた場合には、まずは、一度、当事務所にご相談下さい。

2013年2月19日 弁護士 濵川俊

Copyright(c) 2013 濵川法律事務所 All Rights Reserved.
弁護士のSEO対策・ホームページ制作